平たくいうまでもなく万事休すだ

紙面バーチャル 魔界ノりりむ コス衣装 に押し付けられた印鑑みたいに、銃口がハアトの後頭部にピッタリと押し付けられていた。気配もなく忍び寄ってきた特殊部隊員によって。その一人の背後で、また以前見た特殊部隊と同じように他の隊員たちが一斉に銃を構える。周囲の人々の全員が全員、釘付けだったハアトの決意表明から唐突に視線を目の前の緊迫した状況に引きずり込まれて一斉に息を呑んだ。以前と違う点として今回の部隊の得物はハンドガンだったが、いずれにせよ素人からすれば銃火器ということに変わりはない。ハアトは振り向けもしないだろうし、だからといってまつり自身も含めて非武装の一般市民ばかりで対処できるワケもなかった。そしてこの場でたった二人だけその括りから外れるだろうアメリアや部隊長までもが手をこまねいている。平たくいうまでもなく万事休すだ。「……そうか、お前にはいちいち言わないと伝わらないんだったな。両手を上げて頭につけろ、こういうとき“普通は”そうする」「ち、ちょっ、何その言い方……これでもちょっとは“普通”を勉強ーー」「事前情報以外のお前のことは知らん、両手を頭につけろ」早くしろ、と言わんばかりに隊員はハアトの後頭部を銃口で小突いて、結局ハアトは仏頂面のまま指示に従う。マスクとゴーグルで顔は見ることができなかったが、その口ぶりから考えて部隊長がいた部隊とはまた別の部隊ということで間違いはないようだった。そういえば、とまつりは思い返す。バーチャル 天宮 こころ コスプレ衣装以前にも、こんな絶体絶命のピンチを抜け出したことがあったのではなかったか。そうだ、たしかハアトの検査に立ち会ったときだ。あの時は部隊長率いる特殊部隊がアサルトライフルを担いで乗り込んできたけど、目を覚ましたハアトの能力のおかげで事なきを得たんだっけ。じゃあ今回は? なぜここまで追い込まれて今日のハアトはこんなに大人しいのか、あのときと何がそんなに違うのか……場所、時間帯、周囲の状況から部隊の人数まで何から何まで違うといえば違うが、その中でも決定的に違う何かの正体は何だ?そして、ただただ問答する二人を眺めていたまつりは唐突に疑問の答えに行き着く。あぁそうか、今さらハアトに暴れられるはずがなかったのだ。彼女は自分達に散々『普通』やら『常識』を教えられたのだから。 いつものように特殊な力を使う?

机やら椅子やらを巻き添えに、俺は派手に吹き飛んだ

スバル東堂コハク 画ハク コスプレ衣装  「いきなり来るのはヤバいって!あとは頼んだ!」突然、前に突き出される。奏宮「え?」もちろん、反応に遅れた俺は、蹴りをもろに受ける。奏宮「がはっ!!」そのまま壁に叩きつけられる。俺は痛む腹を押さえ、体を起こす。スバル(もしかしてスバル、ヤバい相手と対峙してる?目を付けられる前に、今の内に逃げろ)すいせい「ねえ?お宝を持って、どこ行くの?」スバル「ひいいいいいいいいー-!!!ちょっと待って!スバルまだ何もやってないって!」今がチャンスだ!俺はタイミングを見計らい走る。二人がやり合っている間に、スバルさんが手に持つお宝を奪い取る。スバル「ああー-!!お前ずるいぞ!」俺はその勢いのまま、オフィスの出口を目指す。第一試合で、あの人の強さは体感している。まず、正面戦闘じゃ勝ち目がない。まともにやり合えば負ける。だったら、逃げるが勝ちだ。すいせい「すいちゃんを相手に、逃げられると思ってる?」はやっ!!お宝を奪い取ってから一秒も経たないうちに、彼女は追いついてきた。彼女は鞭のようにしなった強力な蹴りを繰り出す。俺は能力を発動させ、蹴りをスレスレで躱す、が―彼女は次の動作に入っていた。回避中のため、防御が間に合わず、二撃目が胸に直撃。机やら椅子やらを巻き添えに、俺は派手に吹き飛んだ。他のチームは、口をぽかーんと開けたまま、呆然とこの光景を眺めていた。すると、彼女の視線が彼らに向けられる。すいせい「君たちも、やる?」他のチームは、彼女の圧に怖気づいたのか。一目散に逃げていく。そのうちに俺は体勢を整え、ゆっくりと近づく彼女を見据える。彼女は余裕のある風格を出しながら、拳を鳴らす。やる気満々のようだな…。Vtuber アイク・イーヴランド コス衣装こうなってしまった以上…勝機が薄いが、やるしかない。俺が地を蹴ると同時に、彼女は物凄い速さで動き出す。互いに肉弾戦を開始した。この人、一見本能で動くタイプに見えるけど、かなり頭が切れてるな。その証拠に俺の攻撃は全て防がれ、彼女の拳はこちらを的確に狙ってきている。このままだと押し負ける…。その思った俺は、距離を離すと手前にあるオフィスの机を倒す。

光って怖そうな雰囲気だけど、案外話しやすい人なんだね

「とはバーチャル 不破 湊 コスプレ衣装 言ったものの、こんな時間まで寝てたらさすがに眠れないよな」電気を消して月の光意外無くなった部屋で開くは呟いた。「ちょっと外の世界を覗いてみるか」光はそう思い立ち、布団から出て靴を履き、少しだけだから、と自分に言い訳をして外に出た。「おお、・・・・」外の世界は光を圧倒するに十分すぎるものだった。彼の祖国も自然豊かであったが、それでさえ圧倒するほど雄大な自然がそこに広がっていた。「この世界には魔力があるから、君のいたところよりすごいでしょ?」「っっ?!」光の後ろにはいつの間にか寝間着姿の星街すいせいが立っていた。「まったく、一人で出歩かないようにってフブキから言われなかった?」「・・・ごめん、まったくねむれなくてさ、」「まあすいちゃんも同じ理由だけどさ、きみは自分を守れないんだからね?」「わかったよ・・」「だから、これから外に出たいときはすいちゃんに言うんだよ?」「なぜに」「だから、すいちゃんが守ってあげるってこと!!最後まで言わせないでよ!」すいせいは少し食い気味に言い寄った。「わ、わかったよ、よろしくな、すいせい」「もう、最初からそう言っとけばよかったのにさ」「はいはい、すみませんね~」「はぁ、どもそういえばさ、光って怖そうな雰囲気だけど、案外話しやすい人なんだね」「そんなに怖いか?そんなつもりはないんだが」「まあ、まだ出会ってだっかりでお互いのことを全く知らないバーチャル サニー・ブリスコー コス衣装からじゃないかな?」「そうかもな、ははは・・」そう言葉を言い切る前、突然言葉にならない言葉を発する巨大な生き物が二人の目の前に現れた。「gryrei!!」「「??!!」」この緊急事態に素早く対応したのは、なんと光の方だった。コンマ数秒で反応した光は、すいせいを抱きかかえ、真横に思いっきりジャンプした。「????////」

あからさまにテンションが低かったのかラミィちゃんがあたしの所に来た

トワ様バーチャル 天宮 こころ コスプレ衣装 がホロライブ事務所に来なくなった。原因はあたしだ・・・あたしのせいでトワ様が傷ついた。あからさまにテンションが低かったのかラミィちゃんがあたしの所に来た。「何かあった?」「・・・・・・」答えたくなかった・・・こんな事だけどこのモヤモヤを誰かで発散したくてあたしはラミィちゃんに説明した。一通り話をしてラミィちゃんの顔を見ると呆れた顔をしていた。「なんで避けてたの?」「え?」突然聞かれ素っ頓狂な声が出る。なんで避けてたのと聞かれたらなんで避けてたのだろう、あたしはトワ様の事が好きなのになんでトワ様を避けてたの・・・考えに考えてあたしは言った。「多分・・・シてしまったからかな・・・」「でもお互い好きだったんでしょ?」「違うよ・・・あたしが一方的にシたの」「でその罪悪感でトワ先輩を避けたと・・・」「うん・・・」「それは・・・トワ様が可哀想だね」ははは・・・と笑うしかないトワ様はあたしのせいで深く傷ついた。配信も休みがちになってしまったのも全部あたしだ。──だから・・・だから・・・「だからもうトワ様には・・・」「もう会わないって?」「はぁ・・・バーチャル ショート コス衣装ししろんさぁ1回マリン先輩に殴られたら」「え?」「マリン先輩だったらなんて言うかな〜でも絶対『テメェ何巫山戯たこと言ってんだ!?』とか言いそう」笑いなが言うラミィ・・・その後何人かに話をした勿論マリン先輩にも案の定マリン先輩は『テメェ!巫山戯んじゃねぇ!』とぶっ飛ばれたけど最後にマリン先輩は『今すぐにトワ様の所に行きな!早くしないともう・・・トワはここに戻って来ないかも・・・』そう言われあたしはトワ様の所へ向かった。

ね、シオンちゃん。今スタバ何やってるんだっけ

私は、VTuber 本間 ひまわり コスプレ衣装 シオン先輩が好きだ。先輩として、もそうだけど。最近はもっぱら一人の女の子として意識してしまっている。声が好き。小生意気な性格が好き。真面目なのが好き。顔が好き。努力を惜しまず出来るのが好き。五年間”紫咲シオン”という女の子を追っているうちに、その想いはますます強くなっていった。ホロライブに入ったのも、半分くらいは邪な気持ちがあった。あの愛しい人に近づきたい、触れたい、話したい、と。自分でも若干気持ち悪いのは自覚している。でも、恋する女の子は多少気持ち悪い部分があってしかるべきじゃないか、と自分を正当化もしてみる。そんな私だ。街中でシオン先輩を見つけたらつい追いかけてしまうのは、もうしょうがないのだと思う。「ね、シオンちゃん。今スタバ何やってるんだっけ。」「なんかご当地みたいなやつ。」咄嗟に隠れてしまった、挨拶もせずに。遠目からはシオン先輩しか目に入らなかったが、近づくとそこにはあくあ先輩の姿もあった。よく考えたらあのシオン先輩が仕事でもないのに一人で街中を歩くなんて考えづらい。しかし、”よりによってあくあ先輩か”と思ってしまった。Vtuber 甲斐田晴 コスプレ衣装「...お、ホントだ。じゃああたし沖縄にするから、シオンちゃん山梨にしてよ。」「調べるなら聞かないでよ...。」お互いの味を交換する前提で話が進んでいく。あくあ先輩がにひひ、と見たことない顔で笑う。

んまあ、調べてみるだけなら損しねえだろ

「郊外バーチャル 壱百満天原 コスプレ衣装再開発基金のこと、調べてみようと思うんだけど」路肩に駐めた捜査用車に戻るなりポルカちゃんにそう訊くと、運転席に入ったポルカはしばらく考え込んでから返してきた。「......まあ、ええやろ。何かしら関与がありそうな感じじゃあるしな」「ポルカちゃんはやっぱり、郊再基金は絡んでないって思ってるの?」始動モーターの甲高い音を挟んで、ポルカちゃんが答える。「断定はできねえけど、相変わらず動機が謎だからな。今ある材料だけで判断しろって言われたら、ポルカは事故説に一票入れる」「そっか......」ちょっとガッカリしてそう言うと、ポルカちゃんはちょっとこっちに視線を向けて小さく溜め息を漏らしてから言った。「んまあ、調べてみるだけなら損しねえだろ」「ここって......資材置き場かな?」ビバリーヒル大通りとマリポーザ通りの角にあったのは、金網フェンスで囲まれた建築資材置き場だった。ビバリーヒル大通り側には出入口らしきものはない。「みてえだな。こっちに入口あるかな?」ポルカちゃんがそう答えて、捜査用車をマリポーザ通りに曲がらせた。その辺り一帯は再開発中の住宅地だった。あちこちで新しい家が建てられてて、資材置き場の中でも作業服姿の人たちが忙しく行き来しているのがフェンス越しに目に入る。ポルカちゃんはマリポーザ通りから一本東に入ったところに資材置き場の門があるのを見つけて、そっちに捜査用車を乗り入れた。この辺は再開発中だから、2期生 岸堂天真 コスプレ衣装この小さな通りにもまだ名前はついていない。門を入ってすぐのところに飯場を兼ねた事務所らしいのがあるのを目にとめて、ポルカちゃんは捜査用車を事務所の前に駐めた。ちょうど事務所の前に現場監督らしい人がいたので、そっちに歩み寄っていく。向こうのほうがこっちに気が付くなり、先に声をかけてきた。「おい嬢ちゃん方、ここは危ないから立ち入り禁止だ」先に立っていたポルカちゃんがちらっとこっちに視線を寄越した。私が話せってことらしい。「ロス市警の白上刑事と尾丸刑事です」警察官を掲げて続ける。「ここが郊外再開発基金の事業所だと登録されてるんですけど」「ここはエリシアン・フィールズ不動産開発の現場事務所だぜ、お嬢ちゃん」そう言って、現場監督は事務所に掲げられている看板を指し示した。いま彼が言った通りのことが書かれていて、どこにも郊外再開発基金の文字はない。「んじゃ、エリシアン・フィールズは郊再基金の出資者ってことですね?」「ああ、たぶんそういうことなんだろうよ。俺は知らねえけどよ」ポルカちゃんが確認するように訊くと、現場監督は適当にはぐらかした。それを受けてポルカちゃんは大げさに肩をすくめると、私に向かって言った。

ごめ、んなさい…ラプ殿っ、かざま、用心棒なのに…っ、肝心な時に守れなくてっ!

「ヒィッ!」バーチャル 甲斐 田晴 コス衣装「言い残すことはあるでござるか?」血がべったりとつく愛刀を向けながら、冷えきった声でいろはが告げる。質問のように聞こえて、実質的な死の宣告である。「し、知らなかったんだ!本当にすまない!!詫びならする!何でもする!だからどうか!どうか命だけは見逃してくれねぇか!」「そうでござるか」ズドッ、と鈍い音を立て、男の体が中心から真っ二つに断ち斬られる。あーあ。「ラプ殿、怪我はないでござるか?」しゅるしゅると吾輩につけられた猿轡を外しながら、優しい声でいろはが聞いてくる、ケンカしたのに怒ってないのか?「ぷは、あぁ、無事だ。助かったよいろは」「それはなによりでござ…あれ?」振り返り答えると、いろははその場にぺたんと座り込んでしまった。「どっ、どうしたいろは!?怪我か??大丈夫か?」やはり人質がいる状況で狭い中となると流石のいろはでも…そんなことを考えながら急いで応急処置を施そうと羽織を脱がせるも、倒れ込んできたいろはに姿勢を固定されるように、向かい合う形で座らされてしまった。「い、いろは!?」「…よかった、無事で…」いろはの細いながらもしっかりと筋肉のついた腕が吾輩の体にまわされ、綺麗な顔が吾輩の肩へと埋められる。「いろは…」「風真が…風真がワガママ言ったせいで…っ、もしラプ殿に何かあったらって…思ったらッ…」肩にじんわりと暖かい感覚、涙声で途切れながらも、吾輩の大切な人は言葉をゆっくりと紡ぎ出す。「ごめ、んなさい…ラプ殿っ、かざま、用心棒なのに…っ、肝心な時に守れなくてっ!」ごめんなさい、ごめんなさいと泣きながら謝るいろはを、優しく抱きしめる。「いろは、大丈夫だ。」「でもっ」「だってお前は、誰よりも早く、1番最初に吾輩の所に来てくれたし、吾輩を無傷で助けてくれたじゃないか。」ぽんぽん、と優しくいろはバーチャル 不破 湊 コスプレ衣装の頭を撫でる。「だから大丈夫だ。それに…吾輩も悪かった。」「え…?」吾輩の言葉に驚いたのか、いろはがぐしゃぐしゃになった顔を上げる。「その……なんだ…ふたりの時間を取れなくて…すまなかった…仕事を言い訳にしてたんだ…その、恥ずかし…くて…な…」思わず目を逸らしながらボソボソと小声で言い訳を話す。「…その〜、いろは?何も返答ないのは流石に恥ずかしいんだが…」チラリ、と無言のいろはの方を見ると、そこには目元だけでなく顔を真っ赤にして、ただでさえ近い距離をさらに詰めてくる恋人の姿があった。「ラプ殿」「待て」