選ばれなかった

賑やかな音楽が流れるビビットストリートから少し離れたところに位置する、小さな小さな公園。遊具がたくさんあるにも関わらず、夕方のこの時間でも子どもの姿は見当たらない。建物に囲まれているせいか、人通り自体が少ないようだ。だからこそ、彼らは絶好の練習場所だと踏んだわけなのだが。プロセカ 小豆沢こはね コスプレ衣装

https://www.cgcosplay.jp/product/19670


今日も公園には、力強い歌声が響き渡っていた。ランダムに様々なパートが聞こえることからして、パート練習をしているのだろう。公園の四隅には、3人のメンバーがそれぞれ自分の課題である部分を練習していた。そう、3人なのである。

「……ねえ、こはね知らない?」

練習がひと段落ついたのだろう。杏が汗をタオルで拭きながら、彰人の方へとやってきた。ちょうどダンスの練習をしていた彰人は、音楽を止めると公園を見渡した。真横には、自分と同じくダンスの練習をしている冬弥がいるだけで、もう1人のメンバーであるこはねの姿は見つからない。トイレかとも思ったが、それなら同性の杏に一声かけていくだろう。こはねのように、律儀なタイプなら尚更だ。

「いや、俺は知らねえけど……冬弥!」プロセカ 天馬司 コスプレ衣装

不審に思った彰人は、公園全体に響きそうなほどの大きな声で冬弥を呼んだ。それだけで気づいた彰人の相棒は、音楽を止めてこちらに歩いてくる。

「どうかしたのか、彰人?」
「お前、こはねがどこに行ったか知ってるか?」アクティブストリート 鏡音リン コスプレ衣装

限界

朝比奈センパイが、消えた。エンゼル・グリント 鳳えむ コスプレ衣装

校内は、噂になった1週間だけその話で持ちきりになったけれど、皆みんなすぐに忘れてしまった。

 

https://www.cgcosplay.jp/product/21049

あたしが、笑顔にするって決めたのに。

約束を守れないまま、朝比奈センパイは何処かへ行ってしまった。寂しそうな"笑顔"だけが、あたしの胸をちらつく。いや、それだけじゃない。本当の"笑顔"だって、微かだけど、確かにそこにあった。

『これ、鳳さんに…一週間後に読んでほしいの』

…未だに、読めずにいる手紙。もし、約束を破って貰った直後に読んでいたら、センパイを救えていたのかもしれないって、またセンパイの笑顔にする夢が叶えられるんじゃないかって、思うから。『鳳えむさんへ』って、綺麗な宛名が、あたしを責めるみたいで。

「朝比奈センパイ、あたし、知りたいんです。どうしてそんな、寂しそうな顔、するのか」
「…鳳さん……」
「あたし、絶対に朝比奈センパイを笑顔にしたいんです、だから」
「……ごめんね」

手紙を貰った時には、そう決めていたんだろう。でも、あたしには分からなかった。センパイの寂しさが、何処か遠くへ行ってしまいたいほどの深い悲しみだったとは。

あたしは、机の前で大きく深呼吸した。そして、封を開く。センパイがあたしに伝えたかったことを、ちゃんと受け止めたいから。

『鳳さんへ隠れぎみな挨拶と共に 鏡音レン コスプレ衣装

これを読んでいる時には、もう私はここにいないかもしれない。もしかしたら、まだいるかもしれないけれど、止めようなんて思わないでね。

鳳さんは、私の顔を見ては怖がるような、怖がっているのに飛び込んでくるような、そんな不思議な子だったよね。それから、「センパイを笑顔にします」、なんて。私は笑えてたつもりだったのに、鳳さんには敵わないんだね。

もしかしたら、私が苦しんでいる理由すら、鳳さんには分かるのかもしれない…なんて馬鹿げたことを考えたこともあった。私にとって、鳳さんみたいな子は初めてだったから。だから、鳳さんには伝えておこうと思う。どうして私が、ここにもういないのか。

もう、限界だったの。何も分からないのに、板挟みにされるような感覚が、苦しくて苦しくて。いい子だねって、流石だねって、言われる度に胸が痛んだの。それなのに、サークルの皆や貴女は、「私を救いたい」「私を笑顔にしたい」って、私を温める。誰がどうしてそんなことを言うのか、全く分からない。分からないから、皆怖いの。全部痛く感じるの。

だから、ごめんね。私はもう、耐えられそうにないんだ。鳳さん、今まで私に話しかけてくれてありがとう。皆を笑顔にする夢、叶えてね。

朝比奈まふゆより』

ハーミット・リバース 暁山瑞希 コスプレ衣装

案内

「いやー、助かっちゃったよ~! ほんとにありがとねー!」

 燃えるような赤髪の少女の快活な笑顔を見て、黒見セリカはふと滾々と湧き上がる温泉を連想した。それは、その少女から微かに漂う硫黄の香りも原因だったかもしれない。ブルアカ 黒見セリカ コスプレ衣装



「アビドス地区に来るの初めてだったから、ぜんっぜん道わかんなくて! バイト中だったんでしょ? ごめんねー」
「気にしないで。この辺、殺風景だから地元の人じゃないとわかりづらいと思うし」

 二人が出会ったのはつい先程のこと。商店街のパン屋で店頭販売のバイトをしていたセリカの前に、このメグと名乗るゲヘナの少女が現れたのだ。
 お腹を空かせてふらふらとパンの匂いに釣られてやってきた彼女は店頭にちらほらと残っていたパンを全部買い占めると、その場で平らげてしまった。
 完売ということでセリカのバイトも時間を待たずに終了となり、手持無沙汰になったついでに彼女の話を聞いてみれば、彼女の目的地がセリカもよく知る場所だったために道案内を買って出たのだった。
 後になって二つ年上だと知って慌てたセリカだったが、彼女の方はまるっきり気にした様子もなく「話しやすいようにしてくれていいから~」と言ってくれたので、お言葉に甘えさせてもらっていた。

「でも、まさか全部食べちゃうと思わなかったわ……ワゴンの中もだいぶ減ってたとはいえ、一気に食べる量じゃなかったし」
「あはは、温泉開発は体力勝負だからね! ご飯は食べれる時に食べとかないと!」
「温泉?」ブルアカ 小鳥遊ホシノ コスプレ衣装

 ところどころ煤で汚した肌や彼女の雰囲気から、土木系の部活にでも入っているのかと思ってはいたものの、温泉という予想外のワードにそう聞き返す。

「そうそう! 私、ゲヘナの温泉開発部所属なんだ~」
「へぇ、ゲヘナにはそんな部活もあるのね」
「そ、温泉を掘って掘って掘りまくる! 楽しいよ!!」

 それを聞いて、彼女から香る硫黄の匂いにも納得がついた。交じりっけなしの温泉の香りだったというわけだ。
 ぱぁっと両手を上げて笑いながら、メグは楽しそうに温泉開発部の活動の話を始める。
 来る日も来る日も温泉を掘り続けるという彼女たちの話は確かに温泉好きならたまらない日々なのかもしれない。だが、それを聞いているうちにセリカの表情には徐々に影が差しつつあった。

「あれ、どうかしたの?」
「えっ!?」
「ちょっと暗い顔になった気がして……もしかして、温泉好きじゃなかった?」
「う、ううん! 違う違う、そんなことないから!」
「でも……」

 夢中で話していたメグが不意にきょとんとした表情でそう尋ねてきて、動揺で声が裏返る。
 否定はしたものの、メグは相変わらず不思議そうにセリカを見つめ続けている。それから何度か誤魔化そうと問答を繰り返したものの、先に根を上げたのはセリカの方だった。

「ちょっと羨ましいなって、思っただけ」
「羨ましい?」ブルアカ 棗イロハ コスプレ衣装

 おうむ返しに聞き返すメグに、セリカは話を続ける。

膝枕

疲れた。

それ以外何も感じないくらいただ疲れた。

何故私は目の前の大量の書類を永遠と処理し続けているのだろう。

嫌だとかそういうことでは決してないのだが、毎日山積みの書類をひたすら処理していれば多少の疲れくらい覚えてもおかしくは無いと思うのだ。ブルアカ 狐坂ワカモ コスプレ衣装

https://www.cgcosplay.jp/product/23549



現に外が暗くなっているのにまだまだ書類達が減っていないのだから。

ユウカやリンちゃんにこの状況を見られたら怒られてしまうだろうか。
それとも心配されるだろうか。

ガチャ

なんてことを考えていると、執務室の扉が音を立てて開く。

生徒の前で疲れを見せないよう、今一度気を引き締めてから平常を装って扉の方へ目を向ける。

「どちら様ーって、ワカモ。久しぶりだね。」

ワカモ「えぇ、お久しぶりです。あなた様♡」

そこには、最近の激務のせいで会うことができなかったワカモがいた。(とは言ってもワカモは陰ながら私を見ていたかもしれないが)

今日は壁を壊すことなく来てくれたことに少し感動したのは内緒だ。

「ところでこんな時間にどうしたの?」ブルアカ 火宮チナツ コスプレ衣装

いくらワカモとはいえ、もう生徒が来るような時間ではない。もしかしたらなにか困ったことでもあったのかと思い聞いてみる。

ワカモ「いえ、あなた様のお顔を見たくなってしまいまして♡」

どうやら無駄な心配だったようだ。

ワカモ「それはそうと……」

なにか言いたそうにしながら私の前に置いてある資料達を一瞥する。

ワカモ「あなた様……お身体のほうは大丈夫ですか?とても疲れた顔をしていますが……」

優しい声色で心配してくれるワカモに、すこし申し訳ない気持ちになる。

そのまま次の書類に出そうとした手を引き、背もたれに体重を掛けると、今まで溜め込んでいた疲れが一気に襲ってきた。ブルアカ 砂狼シロコ コスプレ衣装

最悪だ。憂鬱だ。もう、行くつもりなんてなかったのに。

杏「『WEEKEND GARAGE』……」POP IN MY HEART!! 天馬司 コスプレ衣装



私はアイドルになってからこの場所に来ていなかった。ストリートを、夢を捨てて、アイドルを始めた。
ビビットストリートのみんなはそのことを責めるような人は少ない。でも、顔向け出来ない。だって、ずっと応援してもらってたんだもん。
そんな、ストリートのみんなの溜まり場になっているこのカフェは行きずらかった。

でも、今日は家の鍵を忘れて家には母さんも居なくて……父さんに鍵を借りに来た。

杏「お邪魔しまーす……」

謙「いらっしゃ……なんだ、杏か。どうした」

杏「父さん……『おぉ!!久しぶりに杏が来たぞ!!』……え?」

入った瞬間、みんなに気づかれてしまう。陽気なDJ現る? KAITO コスプレ衣装
あぁ……こういうのが嫌だから来たくなかった……

杏「えっと……久しぶり……」

『杏ちゃん!!アイドル凄ぇな!!いつもテレビで見てるよ!!』
『なーんで、こっちに顔出さないんだよ!!』
『ほらほら、奢ってやるから何か頼みな!!』

杏「え、えーっと……」

はぁ……周りの人にもてはやされるのはアイドルになってからよくされるけど、昔からの顔見知りにこういうことをされるのは……ちょっと……

『♪、~~!!』

杏「この声……」

謙「あぁ、もしかして杏は初めて見るのか。アイツらの歌」

杏「……うん」

ステージで歌っているのは彰人に冬弥、それに天馬先輩に神代先輩。
四人は今、『Fantasista SQUAT』というチームを組んでいるらしい。POP IN MY HEART!! 神代類 コスプレ衣装

 「おはよ〜先生。」ブルアカ 小鳥遊ホシノ コスプレ衣装
「おはようホシノ。今日もよろしく。」



 先生に挨拶するといつもの穏やかな声で返事が返って来た。そのまま仕事机に向かう先生を尻目に、私はコーヒーサーバーをポチポチと操作する。豆はモカ。先生が一番好きな豆だ。

「はい。先生の好きなモカコーヒーだよ〜。それで、私は何を手伝えばいいのかな?」
「それじゃあ、この書類をまとめておいて欲しいな。まとめてないとユウカに怒られちゃうんだ…」
「オッケ〜。おじさんに任せてよ。」

 シャーレには当番というシステムがある。日頃から激務に追われてる先生を、私たち生徒がサポートするシステムだ。
当番制の名前の通り、基本的に順番が決まっていて、私たちはそれに従ってシャーレに向かい、先生の仕事を手伝う。
…のだが、

「珍しいね。ホシノの方から手伝うって言い出すなんて。」ブルアカ 奥空アヤネ コスプレ衣装

 実はこの順番、結構適当なのだ。先生が今日はこの子がいい。と言ったら覆る事なんか日常茶飯事。だから、その事を知っている子たちはこぞって先生にアピールしている。なんでそんな事をするのかって?そりゃあ、みんな先生が大好きだからね。それに、先生は優しいから私たちからの要望を断る事はほとんどないし。何だかズルい気もするけど、こうでもしないと自分の番が回ってこないんだよね。

「うへ〜。最近の先生はとても忙しそうだってシロコちゃんから聞いてね〜。おじさんも手伝わなきゃって思ったんだよね〜」

 先生にそんな建前を返して私は渡された書類をファイルに挟んでいく。ちらりと横目で先生を見ると、山のように積まれた書類を手慣れた動きでどんどん片付けていた。その横顔には大人特有の色気?みたいなのが滲み出ていて、気づけば私は書類そっちのけで先生を見つめていた。

「どうしたのホシノ?私の顔に何かついてる?」

 …当の本人に指摘されてしまうくらいガッツリと。

「え!?いや、なんでもないよ。ちょっとボーッとしてただけ。」
「また夜遅くまで見回りしてたの?」
「さ、最近はしてないよ〜。」

 まぁしてるけどね。

 「そう?ならいいけど、もし何かあったら遠慮なく言ってね。私に出来る事ならなんでもするから。」ブルアカ 生塩ノア コスプレ衣装
「うへへ、ありがとう、先生。」

無理

「どうして、どうして勝てへんねん……早く勝って、賞金を手に入れなあかんのに」

 垂れる汗を拭う。こんなところで足踏みしてる暇なんてない。ここに入れるためにお父ちゃんとお母ちゃんに無理させとんねん。早く勝たないと。 勝負服 タマモクロス コスプレ衣装

画像1: 激安!! ウマ娘プリティーダービー タマモクロス 勝負服 コスプレ衣装  (1)

「やっぱり体が小さいからバ群に飲まれると苦しいな」
「足も細くてパワーもあまりつかないでしょうし、G1は厳しいわね」
「いけてG3勝てるかどうかくらいでしょう」

 ベテラン気取りのトレーナーどもがウチのことをバカにする。それが悔しかった。

「もっと、もっとや」

 もっと練習して、もっと力をつけて、アイツらにギャフンと言わせてやるんや。家族を楽にしてやるんや。
 今日は選抜レースの日やったから、練習場は使えへん。ウチはいつもの公園へゆっくりランニングすることにした。

「あ! タマお姉ちゃん!」

 いつもこの公園で遊んでる子供たち。ウチのチビたちと同じくらいで、どうしても構ってしまう。 3rd EVENT トウカイテイオー コスプレ衣装

「お、また遊んどったんか? もうそろそろ暗くなるで、早よ帰り!」
「えぇ、タマ姉ちゃんと遊びたいよぉ」
「明日にしよな。ランニングで通るし」
「はぁーい」

 子供たちを帰して、ウチはベンチに座る。そろそろ暗くなるし、寮やから門限もあるけど、少しだけゆっくりしてたかった。
 そんな時やった。

「君、門限は大丈夫なのかい?」

 突然、スーツ姿の男の人が話しかけてきた。

「あんたは? あぁ、トレーナーやったんか」

 胸の位置にトレーナーバッジをつけているのに気づかんくらい今日は疲れとるんやな。少しここでリラックスしようとしたんやけど、しゃーない。帰ろ。ウチはベンチから立ち上がって帰ろうとした。

「君」
「ん?」
「今日の選抜レース、出てましたよね」 水着 スペシャルウィーク コスプレ衣装